ホーム  > お知らせブログ - 銀天エコプラザ > 岡山大学で開かれた「東日本大震災の災害廃棄物処理の現状と課題」セミナーに参加しました。
うべっくる
イベントカレンダー
2017年3月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
今月のイベントを見る環境イベント情報募集中!

宇部市環境学習ポータルサイト「うべっくる」では、山口県宇部市で行われる環境イベント情報を募集しています。環境イベントに関する情報はこちらからお知らせ下さい。イベント情報を知らせる

お知らせブログ
銀天エコプラザ お知らせブログ

第60回まちなかおそうじ隊(3/…

第60回まちなかおそうじ隊(3/26)

第60回まちなかおそうじ隊は、まちなか環境学習館のまわ…

続きを読む

銀天エコプラザfacebookページへ

銀天エコプラザTwitterへ

ときわミュージアム お知らせブログ

ときわミュージアムブログ

ときわ動物園 飼育員ブログ

アクトビレッジおの お知らせブログ

平成29年度ハーブを楽しむ会

平成29年度ハーブを楽しむ会

【平成29年度ハーブを楽しむ会 2017年6月〜2018年3月】…

続きを読む
 

-------- 2017年 --------

▼ -------- 2016年 -------- ▼

▼ -------- 2015年 -------- ▼

▼ -------- 2014年 -------- ▼

▼ -------- 2013年 -------- ▼

▼ -------- 2012年 -------- ▼

▼ -------- 2011年 -------- ▼

宇部市の環境学習施設
銀天エコプラザ ときわミュージアム 体験学習館「モンスタ」 アクトビレッジおの
銀天エコプラザ お知らせブログ

岡山大学で開かれた「東日本大震災の災害廃棄物処理の現状と課題」セミナーに参加しました。

2012年01月25日

1月24日、上記のセミナーに参加して、岩手県を中心に災害廃棄物の広域処理のあり方についていろいろ考えることが出来ました。金属や柱材・角材などを除いた可燃性廃棄物と不燃性廃棄物の処理が岩手県内では5年をかけても処理しきれないというので、広域処理の必要があるというものです。放射能汚染が絡んでいるだけに、問題が難しくなっていますが、岩手県の災害廃棄物はほとんどその心配がありません。

柱材・角材を木くずとして破砕して、バイオマス燃料として広域に処理することが進められつつありますが、被災地にバイオマス発電・熱供給施設を整備して、森林バイオマスの利用につなげることによって、まちの再生復興づくりの基礎にしたいという提案もありました。時間がかかってもぜひこういう夢のある計画を実現してもらいたいものだと思いました。

柱材・角材を木くずとして破砕して、バイオマス燃料として広域に処理することが進められつつありますが、被災地にバイオマス発電・熱供給施設を整備して、森林バイオマスの利用につなげることによって、まちの再生復興づくりの基礎にしたいという提案もありました。時間がかかってもぜひこういう夢のある計画を実現してもらいたいものだと思いました。(館長)

閲覧数 1573 コメント 0
コメントを見る・投稿する
この記事のURL: http://ubekuru.com/blog_view.php?id=430

◆ 現在、コメントはありません。

この記事へコメントを投稿します。

名前

コメント ※必須

画像認証 ※必須

画像に表示されている数字を、左から順に下に入力してください。

(上に表示されている数字を左から順に入力してください。)



ページの先頭へ