ホーム  > お知らせブログ - 銀天エコプラザ > 新国立美術館に行きました。
うべっくる
イベントカレンダー
2017年6月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
今月のイベントを見る
お知らせブログ
環境イベント情報募集中!

宇部市環境学習ポータルサイト「うべっくる」では、山口県宇部市で行われる環境イベント情報を募集しています。環境イベントに関する情報はこちらからお知らせ下さい。イベント情報を知らせる

-------- 2017年 --------

▼ -------- 2016年 -------- ▼

▼ -------- 2015年 -------- ▼

▼ -------- 2014年 -------- ▼

▼ -------- 2013年 -------- ▼

▼ -------- 2012年 -------- ▼

▼ -------- 2011年 -------- ▼

宇部市の環境学習施設
銀天エコプラザ ときわミュージアム 体験学習館「モンスタ」 アクトビレッジおの
銀天エコプラザ お知らせブログ

新国立美術館に行きました。

2017年04月16日

根津美術館からさらに800mほど青山墓地を横切って、新国立美術館に行きました。
これはまた非常に大きなガラス張りの建築物です。

企画展として、草間彌生の我が永遠の魂、並行してミュシャ展が行われていました。
当日券売り場には長い行列ができていて、とりあえず中に入りました。

入場料は、ミュシャ展 1600円、草間彌生展「わが永遠の魂」  http://kusama2017.jp/  3400円で、中の会場入り口も行列ができていたこともあり、他の常設展的なものを見てみようと思い、70周年示現会展に入り見ました。

その報告は後にすることにして、示現会展を、1時間40分かけて見終わったあと、3階に上がりましたら、図書室があり、そこにミュシャの本、草間彌生展の説明図書も展示してあったので、それらをざっと見ることができました。

ミュシャの絵と彼のスラブ叙事詩シリーズについては、http://www.nact.jp/exhibition_special/2016/alfons-mucha/
を見てもらうことにして、草間彌生の作品について、何枚か写真を紹介します。

草間彌生さんは1928年生まれで、88歳ですが、まだ創作意欲旺盛に仕事されているようです。

下は、今回の展覧会に向けてのメッセージです。

青年時代の写真もありましたが、とても魅力的な女性にみえました。

1954年から1973年までニューヨークで活躍し、前衛芸術家として世界的に知られています。26歳年上のパートナーに先立たれ、体調をくずし帰国。

以降数々の賞を受け、2009年文化功労者、2016年文化勲章を受章されている。

ぱらぱら頁をめくって、今回展示された130点以上の作品を見ましたが、これらを人の多い中、実際に見ることは、示現会展を見た後では、なかなか疲れるだろうなと思いました。

そんなわけで、草間彌生展も、ミュシャ展も入場せずじまいになりました。(文責:浮田)

閲覧数 110 コメント 0
コメントを見る・投稿する
この記事のURL: http://ubekuru.com/blog_view.php?id=4453

◆ 現在、コメントはありません。

この記事へコメントを投稿します。

名前

コメント ※必須

画像認証 ※必須

画像に表示されている数字を、左から順に下に入力してください。

(上に表示されている数字を左から順に入力してください。)



ページの先頭へ