ホーム  > お知らせブログ - 銀天エコプラザ > プラごみのポイ捨て、深刻に考えよう
うべっくる
イベントカレンダー
2018年8月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
今月のイベントを見る
お知らせブログ
環境イベント情報募集中!

宇部市環境学習ポータルサイト「うべっくる」では、山口県宇部市で行われる環境イベント情報を募集しています。環境イベントに関する情報はこちらからお知らせ下さい。イベント情報を知らせる

-------- 2018年 --------

▼ -------- 2017年 -------- ▼

▼ -------- 2016年 -------- ▼

▼ -------- 2015年 -------- ▼

▼ -------- 2014年 -------- ▼

▼ -------- 2013年 -------- ▼

▼ -------- 2012年 -------- ▼

▼ -------- 2011年 -------- ▼

宇部市の環境学習施設
銀天エコプラザ ときわミュージアム 体験学習館「モンスタ」 アクトビレッジおの
銀天エコプラザ お知らせブログ

プラごみのポイ捨て、深刻に考えよう

2018年07月16日

昨日実施した中川ヒヌマイトトンボ代替地出張おそうじ隊の報告は別にするとして、

左上の写真: その日の夕方、中川河口左岸のヨシ原の中に堆積したポイ捨てごみです。この辺りは満潮時には入れないのでほとんど清掃活動が及びません。

右下の写真:中川寄りのヨシ原の小さな入り江のごみをあらかた拾った後の状態です。
ロープも見えますが、コンビニやスパーの買い物袋のようなもの泥の中に重なって堆積しているので、、とても取り切れません。

これでの経験から、クルマの中からのポイ捨てごみはコンビニ弁当を食べたあとそのまま袋に入れてポイ捨てするケースが多いように思います。
嘆かわしいことです。

関連して、先日、宇部アイカ20周年の記念ツァーでマレーシアに行った帰り、シンガポールで1日過ごした時に撮った、East Coast Parkの海岸ごみの写真です。

1mあたり10~20くらいのプラごみが見られます。日本の状況とあまり変わらない印象です。

レンタサイクルで移動していると、掃除をしている人がいました。聞くと、ほとんど毎日、長い海岸線を清掃しているそうです。さすが観光立国ですね。

彼の話では、これらのごみは対岸のバタム島(インドネシア)から流れてくるものだそうです。

そのときは何となく大げさだなあ遠いましあが、先ほど、ポイ捨ての罰則を調べて、ナット失せざるをえませんでした。、

約30年前にシンガポールに行ったときにすでに、ポイ捨ての罰金が厳しく、町にはごみが落ちていなかったですが、これはリークワンユー首相の英断で、中国系住民が74%を締め、元々マナーが悪いため、「性悪説」に則り、清潔と安全について厳しい規制が設けられたということです。

マレーシアからシンガポールに入獄する際、チューインガムの持ち込みは厳禁ということで、大げさだなあと思いましたが、ホテルのフロントの人に残りをあげました。

ネットから罰則を上げて見ると、すごいですね。
1シンガポールドルは80円程度ですから、80万円の罰金ですよ!!!

おりしも、今朝の新聞に地中海のマッコウクジラの体内から大量のプラスチックが見つかったと言うことです。

1枚目の写真で見るように、日本でも、「性悪説」に則って、厳しい罰則を適用することを考えるべきではないでしょうか。             (文責:MU 浮田)

閲覧数 187 コメント 0
コメントを見る・投稿する
この記事のURL: http://ubekuru.com/blog_view.php?id=4924

◆ 現在、コメントはありません。

この記事へコメントを投稿します。

名前

コメント ※必須

画像認証 ※必須

画像に表示されている数字を、左から順に下に入力してください。

(上に表示されている数字を左から順に入力してください。)



ページの先頭へ