ホーム  > お知らせブログ - 銀天エコプラザ > 世界の霊長類の半分以上が絶滅の危機に瀕している
うべっくる
イベントカレンダー
2017年6月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
今月のイベントを見る
お知らせブログ
環境イベント情報募集中!

宇部市環境学習ポータルサイト「うべっくる」では、山口県宇部市で行われる環境イベント情報を募集しています。環境イベントに関する情報はこちらからお知らせ下さい。イベント情報を知らせる

-------- 2017年 --------

▼ -------- 2016年 -------- ▼

▼ -------- 2015年 -------- ▼

▼ -------- 2014年 -------- ▼

▼ -------- 2013年 -------- ▼

▼ -------- 2012年 -------- ▼

▼ -------- 2011年 -------- ▼

宇部市の環境学習施設
銀天エコプラザ ときわミュージアム 体験学習館「モンスタ」 アクトビレッジおの
銀天エコプラザ お知らせブログ

世界の霊長類の半分以上が絶滅の危機に瀕している

2015年11月28日

 一昨日のニュースです。

 国際的な生物の専門家がシンガポールで開いた会合で類人猿やキツネザルなどを含む世界の霊長類の半分以上が絶滅の危機に瀕しているとの警告を発したとのこと。

 専門家は特に絶滅する危機が最も高い霊長類25種を発表した。

 その中でアジアにはロロウェイモンキーやスマトラオランウータンなど10種が生息しているとのことである。

 急激に数を減らしている原因は開発伐採での熱帯雨林の減少などによる大規模な生息地の破壊及び食用や野生動物の違法取引を目的とした狩猟などが主な原因とのことです。

 そして緊急に保護対策を取るよう呼び掛けた。

 このような警告は過去何度も発せられているが有効な手段が取られていないのが現状の様です。

 十数年後にはこれらの生きた姿は見ることが出来ず、博物館で剥製を見ることしかできなくなるのでは、ぜひとも関係国には有効な対策を取っていただきたいものです。(P)

 絶滅危惧種に指定されているものの一つロロウェイモンキーです。

閲覧数 747 コメント 0
コメントを見る・投稿する
この記事のURL: http://ubekuru.com/blog_view.php?id=3496

◆ 現在、コメントはありません。

この記事へコメントを投稿します。

名前

コメント ※必須

画像認証 ※必須

画像に表示されている数字を、左から順に下に入力してください。

(上に表示されている数字を左から順に入力してください。)



ページの先頭へ