ホーム  > お知らせブログ - 銀天エコプラザ > 第1回ESD研修会2019/6/28(その2) 「宇部市による出前授業の取り組みについて」
うべっくる
イベントカレンダー
2019年10月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
今月のイベントを見る
お知らせブログ
環境イベント情報募集中!

宇部市環境学習ポータルサイト「うべっくる」では、山口県宇部市で行われる環境イベント情報を募集しています。環境イベントに関する情報はこちらからお知らせ下さい。イベント情報を知らせる

-------- 2019年 --------

▼ -------- 2018年 -------- ▼

▼ -------- 2017年 -------- ▼

▼ -------- 2016年 -------- ▼

▼ -------- 2015年 -------- ▼

▼ -------- 2014年 -------- ▼

▼ -------- 2013年 -------- ▼

▼ -------- 2012年 -------- ▼

▼ -------- 2011年 -------- ▼

宇部市の環境学習施設
銀天エコプラザ ときわミュージアム 体験学習館「モンスタ」 アクトビレッジおの
銀天エコプラザ お知らせブログ

第1回ESD研修会2019/6/28(その2) 「宇部市による出前授業の取り組みについて」

2019年07月05日

宇部市による出前授業の取り組みについて、宇部市廃棄物対策課の上田さんから「宇部市の3Rの取り組み紹介」に関して説明がありました。

宇部市の平成29年度のごみ総排出量は、1人1日当り1,029g、全国平均は920gです。都市の規模や形態、事業系ごみの出方などの違いから、簡単には比較できないということですが、ごみ減量は重要な課題です。
4人家族の一年間のごみ処理に要する費用は、約4万4千円。平成29年度の経費は18.4億円だそうです。

家庭から出てくる燃やせるごみは、ごみ総排出量の約5割をしめているということから、宇部市は、家庭からの燃やせるごみの減量を進めています。ダンボールコンポストや生ごみの水切り、又ごみの分別・リサイクルの推進などです。


廃棄物対策課は、自治会や小学校へ出向いてごみ分別の出前授業を行っています。
ごみ減量やリサイクの重要性を説明するだけでなく、小学校へはごみ収集車を持ち込んでいるとのことです。
言葉や数字だけでなく、パッカー車が動く音だとか、ごみを機械的に掻き込んだりする様子を見ることにより、子ども達が受けるインパクトは大きいと思います。

また、ダンボールコンポストの説明会も実地に行っているとのことです。

実物に触れる意味は大きく、言葉だけでは伝わらないものを伝えることができ、ESDには有効な手段だと思います。

みんなで減らそう!1人1日100g

食べ残しをしない、水を切る、ごみを分別してゴミステーションに出す。
まずは、一人一人がごみ減量を意識して、できることからはじめることが大切ではないでしょうか。(N)

閲覧数 230 コメント 0
コメントを見る・投稿する
この記事のURL: http://ubekuru.com/blog_view.php?id=5187

◆ 現在、コメントはありません。

この記事へコメントを投稿します。

名前

コメント ※必須

画像認証 ※必須

画像に表示されている数字を、左から順に下に入力してください。

(上に表示されている数字を左から順に入力してください。)



ページの先頭へ