ホーム  > お知らせブログ - 銀天エコプラザ > 瀬戸内海研究フォーラムin岡山に参加しました。
うべっくる
イベントカレンダー
2017年7月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
今月のイベントを見る
お知らせブログ
環境イベント情報募集中!

宇部市環境学習ポータルサイト「うべっくる」では、山口県宇部市で行われる環境イベント情報を募集しています。環境イベントに関する情報はこちらからお知らせ下さい。イベント情報を知らせる

-------- 2017年 --------

▼ -------- 2016年 -------- ▼

▼ -------- 2015年 -------- ▼

▼ -------- 2014年 -------- ▼

▼ -------- 2013年 -------- ▼

▼ -------- 2012年 -------- ▼

▼ -------- 2011年 -------- ▼

宇部市の環境学習施設
銀天エコプラザ ときわミュージアム 体験学習館「モンスタ」 アクトビレッジおの
銀天エコプラザ お知らせブログ

瀬戸内海研究フォーラムin岡山に参加しました。

2012年08月31日

8月30日瀬戸内海研究会議のNPO法人化の設立準備総会と、31日研究フォーラム2日目に参加してきました。久しぶりの学会出席でいろいろ参考になりました。このフォーラムは環境、水産、観光、文化、歴史など、瀬戸内海をいろいろな面から、議論し、考えることのできる数少ない集まりです。平成4年から今年は21回目の開催です。山口では平成7年に開催しています。来年は2度目の開催を予定されており、18年ぶりに2度目の開催となります。場所は宇部市になるか思案中ですが、その下見を兼ねての参加です。

聴いた発表の中から、印象に残ったこととして、1)カキ殻がアマモ場の復活に大変有効に利用できること、2)セメントの代わりに高炉スラグ粉末を、骨材に製鋼スラグを用いたコンクリート代替品が海岸構造物として用いると付着生物が多くなること、3)高炉スラグの粒を砂の代わりに、コンクリートに用いると下水管の耐食性がよくなること、など。

また、ポスター発表では、竹筒にアサリを入れてMyアサリとして育てる試みや、絶滅危惧種であるハイガイが香川県豊島でも50年位前からみられなくなったことなど、が印象に残りました。
岡山県は日生や笠岡を中心に水産研究のレベルが高いこと、朝鮮通信使の寄港地であった牛窓の歴史なども興味深かったです。(館長)

閲覧数 1639 コメント 0
コメントを見る・投稿する
この記事のURL: http://ubekuru.com/blog_view.php?id=924

◆ 現在、コメントはありません。

この記事へコメントを投稿します。

名前

コメント ※必須

画像認証 ※必須

画像に表示されている数字を、左から順に下に入力してください。

(上に表示されている数字を左から順に入力してください。)



ページの先頭へ