ホーム  > お知らせブログ - 銀天エコプラザ > 中川河口ヨシ原の清掃活動を2021年2月27日に予定した理由
うべっくる
イベントカレンダー
2021年4月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
今月のイベントを見る
お知らせブログ
環境イベント情報募集中!

宇部市環境学習ポータルサイト「うべっくる」では、山口県宇部市で行われる環境イベント情報を募集しています。環境イベントに関する情報はこちらからお知らせ下さい。イベント情報を知らせる

-------- 2021年 --------

▼ -------- 2020年 -------- ▼

▼ -------- 2019年 -------- ▼

▼ -------- 2018年 -------- ▼

▼ -------- 2017年 -------- ▼

▼ -------- 2016年 -------- ▼

▼ -------- 2015年 -------- ▼

▼ -------- 2014年 -------- ▼

▼ -------- 2013年 -------- ▼

▼ -------- 2012年 -------- ▼

▼ -------- 2011年 -------- ▼

宇部市の環境学習施設
銀天エコプラザ ときわミュージアム 体験学習館「モンスタ」 アクトビレッジおの
銀天エコプラザ お知らせブログ

中川河口ヨシ原の清掃活動を2021年2月27日に予定した理由

2021年03月03日

中川河口ヨシ原の清掃活動を2021年2月27日に予定した理由

地域の人達と連携した中川河口ヒヌマイトトンボ生息代替地周辺の清掃活動を行うにあたり、参加者募集のための説明資料の一部として、2月27日の予定日が好適な理由を添付しました。

下の表が、その要約です。

中川河口の内水位と、感潮河川である厚東川の外水位関係は単純ではありません。

これまで、幾度か中川河口域の清掃作業を実施していますが、概して地盤高の低いD地区、E地区については、内水位が高めで、ごみの回収作業ができないことが多いです。

先日2020年11月10日は藤山中学校等と連携して実施した清掃活動では、A、B地区及びC地区の一部をきれいにすることができましたが、内水位の関係もありD,E地区は対象としませんでした。


このあたりの説明のため、まず Google Earth の空中写真を用いて、撮影時の中川河口の内水位と外水位の違いを示しました。


グーグルマップの航空写真を見ると、外水位は満潮であるにも関わらず奈寒川の水位は低くてD地区、E地区のヨシ原が十分露出しています。

このときの宇部港の潮汐を4日前からグラフに示されたものですが、満潮時に近い状態であることが分かります。
https://www.data.jma.go.jp/gmd/kaiyou/db/tide/suisan/suisan.php

しばらく大潮が続いている時期で、干潮時の外水位が十分に低く中川の水がよく海に流出して内水位が低いと考えられます。

また昨年2020年の3月8日にD地区、E地区から大量のごみを地元の方々や県市の関係者等の協力を得て回収したときは意識してなかったですが、たまたま運良く、中川の内水位は十分に低く、ヨシ原での作業をスムーズに進めることができました。

しかしこのときの外水位のグラフを見ると、むしろ満潮時に近かったことが分かります。当日未明2時ごろの潮位が17cmと非常に低く、中川の水が海によく流出して、9時から11時ごろには中川の内水位が低い状況にあったと考えられます。

さて次回は、地元のかたがたの協力を得て、D地区、E地区、とくにE地区奥の海寄りやD地区の陸寄り、人数によってはさらにC地区の奧側にたまっているごみの回収をする予定ですが、日程の設定を慎重にしなくてはなりません。

曜日からすると土曜日、宇部港の潮汐図からこれまでの経験を踏まえると、2月27日頃が最適ではなかろうかと思われました。

閲覧数 171 コメント 0
コメントを見る・投稿する
この記事のURL: http://ubekuru.com/blog_view.php?id=5692

◆ 現在、コメントはありません。

この記事へコメントを投稿します。

名前

コメント ※必須

画像認証 ※必須

画像に表示されている数字を、左から順に下に入力してください。

(上に表示されている数字を左から順に入力してください。)



ページの先頭へ