ホーム  > お知らせブログ - 銀天エコプラザ > 外川先生の研修会の概要の補足として、見せていただいたビデオの簡単な紹介です。
うべっくる
イベントカレンダー
2018年10月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
今月のイベントを見る
お知らせブログ
環境イベント情報募集中!

宇部市環境学習ポータルサイト「うべっくる」では、山口県宇部市で行われる環境イベント情報を募集しています。環境イベントに関する情報はこちらからお知らせ下さい。イベント情報を知らせる

-------- 2018年 --------

▼ -------- 2017年 -------- ▼

▼ -------- 2016年 -------- ▼

▼ -------- 2015年 -------- ▼

▼ -------- 2014年 -------- ▼

▼ -------- 2013年 -------- ▼

▼ -------- 2012年 -------- ▼

▼ -------- 2011年 -------- ▼

宇部市の環境学習施設
銀天エコプラザ ときわミュージアム 体験学習館「モンスタ」 アクトビレッジおの
銀天エコプラザ お知らせブログ

外川先生の研修会の概要の補足として、見せていただいたビデオの簡単な紹介です。

2018年01月04日

先ほどアップした、外川先生の講演の中で見せていただいた、自動車リサイクル促進センターの「なぜ今自動車のリサイクルなのか」というビデオの紹介補足です。

すでに15年ほど前のビデオであるので、最新のものではないことに留意が必要です。

まずは解体業での作業として、事前処理作業(廃油等液抜き、フロンガス処理、エアバッグの回収、再利用できる部品類の取り外し)が行われます。

その後、大きい解体業者では、重機リブラによる銅線などの有用な資源を回収します。さらにプレス機で圧縮して廃車殻としてシュレッダー業者に持ち込まれます。

廃車殻はプレシュレッダーで粗破砕後、メインシュレッダーに掛けられさらに細かく破砕されます。

メインシュレッダーでは、回転ハンマーでさらに破砕され、重い破砕物と軽い破砕物に分けられます。

その後、鉄の磁力選別、銅やアルミの手選別、ふるい分けによる、非鉄金属の回収や電線類の分離など、より高度な選別が行われます。

非鉄金属を分熱するための砂比重選別、乾式流動層選別による非鉄金属の選別、最終の手選別を経て、最終的にシュレッダーダストが残る。

トヨタのHPではリサイクルの実効率の現状は選別技術の向上により、99%以上になっている。https://www.toyota.co.jp/jpn/sustainability/environment/ecopro/2014/pdf/cycle/recycle.pdf


昔は90%程度であったので、当然、昔のシュレッダーダストに比べると、有用な非鉄金属の含有は少なく、プラスチック等の可燃分の割合が多くなっているようである。

閲覧数 346 コメント 0
コメントを見る・投稿する
この記事のURL: http://ubekuru.com/blog_view.php?id=4763

◆ 現在、コメントはありません。

この記事へコメントを投稿します。

名前

コメント ※必須

画像認証 ※必須

画像に表示されている数字を、左から順に下に入力してください。

(上に表示されている数字を左から順に入力してください。)



ページの先頭へ