ホーム  > お知らせブログ - 銀天エコプラザ > 今日は昭和基地開設記念日
うべっくる
イベントカレンダー
2017年6月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
今月のイベントを見る
お知らせブログ
環境イベント情報募集中!

宇部市環境学習ポータルサイト「うべっくる」では、山口県宇部市で行われる環境イベント情報を募集しています。環境イベントに関する情報はこちらからお知らせ下さい。イベント情報を知らせる

-------- 2017年 --------

▼ -------- 2016年 -------- ▼

▼ -------- 2015年 -------- ▼

▼ -------- 2014年 -------- ▼

▼ -------- 2013年 -------- ▼

▼ -------- 2012年 -------- ▼

▼ -------- 2011年 -------- ▼

宇部市の環境学習施設
銀天エコプラザ ときわミュージアム 体験学習館「モンスタ」 アクトビレッジおの
銀天エコプラザ お知らせブログ

今日は昭和基地開設記念日

2016年01月29日

 今日は1957年(昭和32年)日本の南極観測隊が南極・オングル島への上陸に成功し、昭和基地を開設した日です。

 先の1月14日タロとジロの日 にも記載しましたが、1957年7月1日から1958年12月31日まで続いた国際地球観測年に合わせて日本を初めとして12か国による南極での観測がスタートした。

 敗戦後、10年余り、物資もあまり余裕のない中、使われた船、「宗谷」は当時すでに建造後18年経過したもので戦時中は特務艦として使われた代物、何とか手直しして使用された。

 その他、あらゆるものが初体験、試行錯誤の中の準備であった。

 1957年1月25日、「宗谷」(隊員53人、乗組員77人)は南極大陸のアフリカ大陸側にあるリュッツオールホルム湾にたどり着いた。

 そして29日、湾内のオングル島に永田武観測隊長らが上陸「昭和基地」と名づけた。

 昭和基地には、西堀栄三郎隊長ら11人の第1次越冬隊が残った。

 第1次の昭和基地

 欧米の観測隊は物資も豊富、それに比べ、日本隊は小屋の様な不十分な施設と物資の中で、厳しい気候に耐えながら観測をしていた。

 翌年1958年2月、越冬隊は分厚い氷の海と荒天にたたられ、飛行機で脱出せざるを得なくなり、カラフト犬15頭の犬は置き去りにして去った。

 そして昭和基地での観測は第6次まで続けられたが「宗谷」の老朽化などで昭和基地はいったん閉鎖された。

 その後、観測船「ふじ」を新しく建造し1965年に第7次観測隊が派遣され現在に至っている。(P)

 現在の昭和基地の全景です。

閲覧数 689 コメント 0
コメントを見る・投稿する
この記事のURL: http://ubekuru.com/blog_view.php?id=3678

◆ 現在、コメントはありません。

この記事へコメントを投稿します。

名前

コメント ※必須

画像認証 ※必須

画像に表示されている数字を、左から順に下に入力してください。

(上に表示されている数字を左から順に入力してください。)



ページの先頭へ