ホーム  > お知らせブログ - 銀天エコプラザ > 家庭で生ごみを使ってガス発生
うべっくる
イベントカレンダー
2017年5月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
今月のイベントを見る
お知らせブログ
環境イベント情報募集中!

宇部市環境学習ポータルサイト「うべっくる」では、山口県宇部市で行われる環境イベント情報を募集しています。環境イベントに関する情報はこちらからお知らせ下さい。イベント情報を知らせる

-------- 2017年 --------

▼ -------- 2016年 -------- ▼

▼ -------- 2015年 -------- ▼

▼ -------- 2014年 -------- ▼

▼ -------- 2013年 -------- ▼

▼ -------- 2012年 -------- ▼

▼ -------- 2011年 -------- ▼

宇部市の環境学習施設
銀天エコプラザ ときわミュージアム 体験学習館「モンスタ」 アクトビレッジおの
銀天エコプラザ お知らせブログ

家庭で生ごみを使ってガス発生

2015年12月26日

 食べ残しなどから堆肥をつくれる「コンポストボックス」の進化版が開発され、それが公表されました。

 生ゴミや動物の糞から出る「バイオガス」を抽出し、キッチンのガスコンロで利用できます。

 そしてガスも肥料も作れて一石二鳥、環境にも家計にも優しいものの様です。

 開発したのはイスラエルのHomeBiogasという小さな会社です。

 どんなものか、実際に使っている様子を見てみましょう。

 実際にゴミを装置に投入しているところです。

 この装置の仕組みです。

 投入したミルク・肉・野菜・動物の糞などの有機物は腐敗し、バイオガスが発生、発生したガスはフィルターを通り装置の上部に蓄積され、配管を通じてキッチンに運ばれ消費されるという仕組みです。

 1キログラム分の廃棄物から200リットルのガスが生み出され、1時間ほどコンロを使える計算だそうです。

 2013年度の統計によれば、日本人1人あたりが出す生ゴミの排出量は1日平均972グラムで、一般家庭でこのコンポストボックスを使えば、1日分のガスを十分に賄えます。

 しかも、生ゴミから出る年間6トンもの二酸化炭素排出を削減できるため、環境にも優しいものです。

 車に例えると一年分の排気ガスに匹敵するそうです。

 装置を組み立てているところです。

 この装置は家庭用として開発されており、組み立てにかかる時間はたったの2~3時間ほどで、簡単なものです。

 2016年の5月から配送開始を予定しており、通常販売価格は1,500ドル(約18万円)になる予定だそうです。

 ただ、残念ながら日本からの注文はまだ受けつけていない様です。

 宇部市でこのような装置を導入すれば、生ごみのゴミ焼却にかかっている莫大な費用も低減でき、一石三鳥といったところです。

 是非、国内でもこのような装置を開発し、販売して欲しいものです。(P)

閲覧数 708 コメント 0
コメントを見る・投稿する
この記事のURL: http://ubekuru.com/blog_view.php?id=3583

◆ 現在、コメントはありません。

この記事へコメントを投稿します。

名前

コメント ※必須

画像認証 ※必須

画像に表示されている数字を、左から順に下に入力してください。

(上に表示されている数字を左から順に入力してください。)



ページの先頭へ