ホーム  > お知らせブログ - 銀天エコプラザ > 「昆虫から診た地球診断」
うべっくる
イベントカレンダー
2020年5月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
今月のイベントを見る
お知らせブログ
環境イベント情報募集中!

宇部市環境学習ポータルサイト「うべっくる」では、山口県宇部市で行われる環境イベント情報を募集しています。環境イベントに関する情報はこちらからお知らせ下さい。イベント情報を知らせる

-------- 2020年 --------

▼ -------- 2019年 -------- ▼

▼ -------- 2018年 -------- ▼

▼ -------- 2017年 -------- ▼

▼ -------- 2016年 -------- ▼

▼ -------- 2015年 -------- ▼

▼ -------- 2014年 -------- ▼

▼ -------- 2013年 -------- ▼

▼ -------- 2012年 -------- ▼

▼ -------- 2011年 -------- ▼

宇部市の環境学習施設
銀天エコプラザ ときわミュージアム 体験学習館「モンスタ」 アクトビレッジおの
銀天エコプラザ お知らせブログ

「昆虫から診た地球診断」

2013年10月03日

 2日に宇部市文化会館で開催された、表記の講演会に行ってきました(主催:宇部コンビナート省エネ・温室効果ガス削減研究協議会)。講師は、テレビなどでお馴染みの池田清彦氏。虫好きな生物学者の目に、今の地球環境はどう映るのか、興味を持って行った次第です。

 久保田市長の挨拶があったあと、池田氏が登壇され、お話が始まりました。いやもう、その勢いのものすごいこと。口を休めるまもなく次々と繰り出されるトークに、ついていくのがやっとでした。面白おかしいお話は、時に脱線しつつも、気がつくと、また本題に沿ったお話に戻っていたりもします。個人的に、気になった部分をいくつか抜き出してメモしておこうと思います。

●「答えのない問題を考える力をつける」
 虫採りに行く場合、危険な場所に行くことになるかもしれないし、思わぬトラブルが起こるかもしれません。行っても必ず見つかるわけでもありません。そんなとき、今までの知識を総動員して、何とか解決策をさがすことが求められるでしょう。正解がある問題に対して答えるための、ただ知識を得るだけの考え方では、何の役にも立たないかもしれません。虫採りは、その力をつけるのに役立つ……というお話。これは、虫のみならず、自然全般について言えることかもしれません。

●「虫は禁欲的である」
 ヒトは雑食で、貪欲にあらゆるものを食べようとします。これに対して、虫は、ある決まったモノしか口にせず、お互いがお互いの領域を侵さないシステムになっているそうです。Aという虫はAという植物だけを食べ、Bという虫はBという植物だけを食べ、お互いのテリトリーを犯すことはありません。ホントはAという虫は、Bを食べることもできるのに、それをしないというのです。仮に植物Aが絶滅してしまっても、被害が及ぶのは虫Aに対してのみであり、Bはその影響を受けることなく生き続けることができるのです。

●「昆虫料理のお話」
 先生によると、昆虫料理で1番美味しいのは孵化したばかりのセミだとのこと(2番目はカミキリムシで、3番目がハチノコ)。いずれも食べたことはありませんが、いずれ食糧危機が訪れたら、私たちは虫を食べないといけないようになるのでしょうか?

●「虫に関して憂慮すること」
 ミツバチの個体数の減少が心配とのことです。ミツバチは、単に蜜が取れるから重宝するだけでなく、他の野菜などの受粉にも役立っているからです。また、アカトンボ(アキアカネ)に関しては、ここ20年あまりで、個体数が1/1000に減少したとのこと。いずれも、農薬の影響が大きいです。野菜やお米を作るのに、農薬を全く使わないのは難しいですが、どの農薬を使うかは、一考の余地があるということでしょう。

 冗談交じりで進むお話は大変面白く、興味深いものでした。たまには小さな虫にも思いをはせ、ヒトの生活を振り返ってみるのもいいかもしれません(w)。

閲覧数 2066 コメント 2
コメントを見る・投稿する
この記事のURL: http://ubekuru.com/blog_view.php?id=1602

<コメント> ◆ チャリ愛好家 ↓
要約の紹介ありがとうございました。参考になりました。
↑
投稿日: 2013年10月6日
<コメント> ◆ まちなか環境学習館 ↓
お役に立てて、何よりです。
横道にそれながら、冗談まじりで話された部分が面白いのですが、
そちらは残念ながら割愛せざるをえませんでした(w)。
↑
投稿日: 2013年10月7日

この記事へコメントを投稿します。

名前

コメント ※必須

画像認証 ※必須

画像に表示されている数字を、左から順に下に入力してください。

(上に表示されている数字を左から順に入力してください。)



ページの先頭へ