ホーム  > お知らせブログ - 銀天エコプラザ > 美祢市リサイクルセンター・最終処分場見学つづきです
うべっくる
イベントカレンダー
2019年10月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
今月のイベントを見る
お知らせブログ
環境イベント情報募集中!

宇部市環境学習ポータルサイト「うべっくる」では、山口県宇部市で行われる環境イベント情報を募集しています。環境イベントに関する情報はこちらからお知らせ下さい。イベント情報を知らせる

-------- 2019年 --------

▼ -------- 2018年 -------- ▼

▼ -------- 2017年 -------- ▼

▼ -------- 2016年 -------- ▼

▼ -------- 2015年 -------- ▼

▼ -------- 2014年 -------- ▼

▼ -------- 2013年 -------- ▼

▼ -------- 2012年 -------- ▼

▼ -------- 2011年 -------- ▼

宇部市の環境学習施設
銀天エコプラザ ときわミュージアム 体験学習館「モンスタ」 アクトビレッジおの
銀天エコプラザ お知らせブログ

美祢市リサイクルセンター・最終処分場見学つづきです

2019年10月06日

以下は、ペットボトルの圧縮梱包物、破砕せずにある程度圧縮できるプラスチック製品を圧縮・梱包したものなども、最終処分場敷地に保管されている。

ペットボットルも中国案件でRDFに回すことも検討しているようである。後者の雑プラなどは共英製鋼に処理委託されているそうだ。

同様である。ペットボトルは中国の関係もあり、RDFに回すことを検討されているとのこと。

さて、最終処分場であるが、ここも同様なプラスチック類、あるいはマットレス、化粧品のビン、陶磁器くずなどが置かれている。プラスチック類は外部委託処理されてる予定のようである。

最近の最終処分場のイメージとはかなり違う状況に驚いた。

土手の上に最終処分埋立地があり、下に浸出水処理建屋がある。

グーグルマップから見た最終処分場と、リサイクルセンターおよび最終処分場の平面図を参考までに示す。

今回美祢市のこれらの施設を見学して、様々な種類のごみが大量に保管され、色々考えさせられることが多かった。

プラスチックごみも、これからはいわゆる不燃ごみや粗大ごみ等に含まれる硬質プラスチックの処理に力を入れるべきであることを感じた。

社会全体として、もう少し静脈産業に力を入れなければならないと思う。

閲覧数 56 コメント 0
コメントを見る・投稿する
この記事のURL: http://ubekuru.com/blog_view.php?id=5263

◆ 現在、コメントはありません。

この記事へコメントを投稿します。

名前

コメント ※必須

画像認証 ※必須

画像に表示されている数字を、左から順に下に入力してください。

(上に表示されている数字を左から順に入力してください。)



ページの先頭へ