ホーム  > お知らせブログ - 銀天エコプラザ > “生きている化石”カブトガニを観察しませんか?
うべっくる
イベントカレンダー
2020年8月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
今月のイベントを見る
お知らせブログ
環境イベント情報募集中!

宇部市環境学習ポータルサイト「うべっくる」では、山口県宇部市で行われる環境イベント情報を募集しています。環境イベントに関する情報はこちらからお知らせ下さい。イベント情報を知らせる

-------- 2020年 --------

▼ -------- 2019年 -------- ▼

▼ -------- 2018年 -------- ▼

▼ -------- 2017年 -------- ▼

▼ -------- 2016年 -------- ▼

▼ -------- 2015年 -------- ▼

▼ -------- 2014年 -------- ▼

▼ -------- 2013年 -------- ▼

▼ -------- 2012年 -------- ▼

▼ -------- 2011年 -------- ▼

宇部市の環境学習施設
銀天エコプラザ ときわミュージアム 体験学習館「モンスタ」 アクトビレッジおの
銀天エコプラザ お知らせブログ

“生きている化石”カブトガニを観察しませんか?

2020年07月25日

皆さんはカブトガニをご存知ですか?約2億年も前から現在まで生き続けているため、“生きている化石”と呼ばれています。山口県の資料によると、かつては瀬戸内海と九州北部に広く生息していましたが、埋立て等による生息地の減少等で数が激減し、環境省レッドリストで「絶滅危惧種Ⅰ類」に指定されているとのことです。そんな貴重なカブトガニですが、実は山口湾の干潟でみることができます。山口県内では、山口湾・平生湾・千鳥浜の3つの地域でのみ産卵や幼生の生息が確認されているそうですが、山口湾は、比較的繁殖状況が良い、全国的にも貴重な地域とのことです。
先日、カブトガニ観察の経験者と山口湾の干潟に行ったところ、小さなカブトガニの幼生を見つけました。目を皿にして干潟を見つめてもなかなか見つけられないのですが、さすが経験者はカブトガニが通った後にできる干潟上の模様を頼りに次々と発見していました。

下の写真は中央の丸いものがカブトガニですが、背中に泥をかぶっていると、なかなか見つけられません。

8月22日(土)には、椹野川河口域・干潟自然再生協議会主催の「山口湾カブトガニ幼生生息調査・観察会」が開かれます。ぜひ身近なところに生きる“化石”に会いに行ってみませんか?

観察会についての山口県の報道発表
https://www.pref.yamaguchi.lg.jp/press/202007/046620.html

(山本ゆ)

閲覧数 114 コメント 0
コメントを見る・投稿する
この記事のURL: http://ubekuru.com/blog_view.php?id=5488

◆ 現在、コメントはありません。

この記事へコメントを投稿します。

名前

コメント ※必須

画像認証 ※必須

画像に表示されている数字を、左から順に下に入力してください。

(上に表示されている数字を左から順に入力してください。)



ページの先頭へ