ホーム  > お知らせブログ - 銀天エコプラザ > わくわく常盤「あるウォーク」自然観察会 レポート石炭記念館 これでおわりです。
うべっくる
イベントカレンダー
2019年12月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
今月のイベントを見る
お知らせブログ
環境イベント情報募集中!

宇部市環境学習ポータルサイト「うべっくる」では、山口県宇部市で行われる環境イベント情報を募集しています。環境イベントに関する情報はこちらからお知らせ下さい。イベント情報を知らせる

-------- 2019年 --------

▼ -------- 2018年 -------- ▼

▼ -------- 2017年 -------- ▼

▼ -------- 2016年 -------- ▼

▼ -------- 2015年 -------- ▼

▼ -------- 2014年 -------- ▼

▼ -------- 2013年 -------- ▼

▼ -------- 2012年 -------- ▼

▼ -------- 2011年 -------- ▼

宇部市の環境学習施設
銀天エコプラザ ときわミュージアム 体験学習館「モンスタ」 アクトビレッジおの
銀天エコプラザ お知らせブログ

わくわく常盤「あるウォーク」自然観察会 レポート石炭記念館 これでおわりです。

2019年11月26日

久しぶりに、石炭記念館に入館しましたが、その前に蒸気機関車の前で、最後のクイズがありました。

番号の意味するところに関する問題でしたが、これはちょっと難しいですね。あと、ネットで調べてみましたがよくわかりませんでした。

昔の沖の山炭鉱かの写真が展示されてありました。どのあたりからどちら方向を撮ったものかよくわかりません。

海水侵入による殉職者、1915年東見初炭鉱の235名、1942年長生炭坑の183名はよく知られています。https://www.jstage.jst.go.jp/article/nichifutsusocio/26/0/26_17/_pdf/-char/ja

第二次世界大戦前後は不明となっているのは気になりますが、山口県で明治25年から昭和45年までの炭鉱事故の殉職者数は1241名となっています。

石炭の塊がたくさん展示されていました。

宇部炭のカロリーは、5750kcal/kg,、豪州炭は6700kcal/kg と比べるとやや低品質ですが、揮発分が多く、着火しやすいという利点もあるんですね。

大羽炭のカロリーは3600kcal/kgとさらに低いですが、製塩用、ふろ用の燃料などそれなりの使い道があったようです。

東洋象の上顎、鯨の骨の化石など。右上は珪化木3点。下はシダ類の化石。

いずれも宇部の炭坑から掘りだされたもののようです。

宇部サイの骨の化石、サイの臼歯。 下は色々な岩石の標本です。貴重な標本ですね。

リニューアル前に比べて、きれいに見やすくなったと思いました。このような貴重な化石類や、地質関係の標本なども、さらに充実されれば、より石炭記念館の魅力が増すのではないかと思いました。

今回、常盤湖を久しぶりに一周歩いてみて、動物園や熱帯植物園、野外彫刻を含め、ときわ公園の魅力、価値を再認識することができました。

ぜひ市内の小中学校も、貴重な体験学習の場として、もっと活用されることを期待したいと思います。

今回、連携させていただいた、わくわく常盤、常盤校区コミュニティ推進協議会ほか関係者の皆様方に厚くお礼申し上げます。

閲覧数 115 コメント 0
コメントを見る・投稿する
この記事のURL: http://ubekuru.com/blog_view.php?id=5302

◆ 現在、コメントはありません。

この記事へコメントを投稿します。

名前

コメント ※必須

画像認証 ※必須

画像に表示されている数字を、左から順に下に入力してください。

(上に表示されている数字を左から順に入力してください。)



ページの先頭へ