ホーム  > お知らせブログ - 銀天エコプラザ > 第3回廃プラESDプロジェクト見学会、午前中、都市産業(株)を訪問しました。
うべっくる
イベントカレンダー
2019年10月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
今月のイベントを見る
お知らせブログ
環境イベント情報募集中!

宇部市環境学習ポータルサイト「うべっくる」では、山口県宇部市で行われる環境イベント情報を募集しています。環境イベントに関する情報はこちらからお知らせ下さい。イベント情報を知らせる

-------- 2019年 --------

▼ -------- 2018年 -------- ▼

▼ -------- 2017年 -------- ▼

▼ -------- 2016年 -------- ▼

▼ -------- 2015年 -------- ▼

▼ -------- 2014年 -------- ▼

▼ -------- 2013年 -------- ▼

▼ -------- 2012年 -------- ▼

▼ -------- 2011年 -------- ▼

宇部市の環境学習施設
銀天エコプラザ ときわミュージアム 体験学習館「モンスタ」 アクトビレッジおの
銀天エコプラザ お知らせブログ

第3回廃プラESDプロジェクト見学会、午前中、都市産業(株)を訪問しました。

2019年10月06日

 第3回の見学会は午前中、宇部市船木にある都市産業(株)を見せていただいた。

同社は富士商グループの企業で、昭和47年に廃油を中心とした産業廃棄物の焼却処理からスタートしています。

 今回、社長以下、多くの方々の対応を受け、またプラスチック廃棄物の処理に焦点をあてた見学であることをお願いしていたので、先ず事務所で、その辺りの状況について、あらかじめ準備されていたスライドを用いて丁寧に説明をしていただいた。この関連については後で復習することにします。

 現場で写真を撮らせていただいても後で振り返ったときに、よく理解できていないことも多いですが、幸いいただいた会社のパンフレットには、要領よく工場の概要が紹介されていたので、まず、その内容を紹介させていただきます。

やはり廃油、汚泥、廃プラなど様々な産廃の焼却を軸とした工場ですが、廃プラの破砕、圧縮・減容も行われています。

 この事業所はエコアクション21認証を平成18年に取得し、平成20年には山口県優良産廃業者に認定されています。

 環境活動レポートから、施設の能力を含めた処理フローを示します。

 また、最初に受けた説明の中で、焼却処理の部分について、以下に紹介しておきます。

廃油・汚泥・廃プラ・感染性廃棄物など約38000t/年がロータリー式焼却炉に投入され、キルン終端と減温塔から排出される燃えがらは約2,000t/年、うち150t/年はリサイクルされます。

排ガス中から電気集塵機・バグフィルターで補足されたばいじんは約3,500t/年、うち約1,500t/年はリサイクルに回されます。

なお、法律で定められた20種類の産業廃棄物の中で、廃プラスチック類の具体例としては、「合成樹脂くず、合成繊維くず、合成ゴムくず(廃タイヤを含む)等固形状・液状のすべての合成高分子系化合物」とされていて、液状のものも含むことは知りませんでした。

閲覧数 76 コメント 0
コメントを見る・投稿する
この記事のURL: http://ubekuru.com/blog_view.php?id=5258

◆ 現在、コメントはありません。

この記事へコメントを投稿します。

名前

コメント ※必須

画像認証 ※必須

画像に表示されている数字を、左から順に下に入力してください。

(上に表示されている数字を左から順に入力してください。)



ページの先頭へ