ホーム  > お知らせブログ - 銀天エコプラザ > ペットフーズに関して少し考えてみました。
うべっくる
イベントカレンダー
2018年9月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30
今月のイベントを見る
お知らせブログ
環境イベント情報募集中!

宇部市環境学習ポータルサイト「うべっくる」では、山口県宇部市で行われる環境イベント情報を募集しています。環境イベントに関する情報はこちらからお知らせ下さい。イベント情報を知らせる

-------- 2018年 --------

▼ -------- 2017年 -------- ▼

▼ -------- 2016年 -------- ▼

▼ -------- 2015年 -------- ▼

▼ -------- 2014年 -------- ▼

▼ -------- 2013年 -------- ▼

▼ -------- 2012年 -------- ▼

▼ -------- 2011年 -------- ▼

宇部市の環境学習施設
銀天エコプラザ ときわミュージアム 体験学習館「モンスタ」 アクトビレッジおの
銀天エコプラザ お知らせブログ

ペットフーズに関して少し考えてみました。

2018年03月19日

ネット記事からの引用ですが、ペットの小型化と高齢化により、ペットフーズ消費量自体はすこし減少傾向になるようです。

2011年のデータを見ると、出荷量は約67万トン程度で、出荷額は2650億円、100gあたり40円くらいの計算になります。

ちなみに農水省の最新資料によると、
ペットフード出荷額は2856億円、出荷量は約60万トンで100g当たり48円程度です。
http://www.maff.go.jp/j/chikusan/sinko/lin/l_siryo/attach/pdf/index-191.pdf

いままで、ノラ出身の母ネコ、ハングの食事にはずいぶん気を遣い、右のパウチを主体に、時々左の缶詰を食べさせます。

右は80gで税込み62円、左は一缶当たり160gで、税込み82円です、ネコには断然パウチの方に人気があります。
ずっと左の餌しか置いていなければ、次の朝には食べていることが多いです。

ただ、缶詰の場合は、食いつきが悪いほか、ゴミ出しのための手間がパウチよりも数段面倒です。また、金属資源の消費についても環境影響を考えると、パウチの方が環境にやさしいということになります。

いずれ、きちんと評価したいなと思いますが、今のところ定性的な評価しかできません。

左側は、歯が悪いハングの必需食品で、税込み62円、右側は昨夜初めて買った別製品、税込み59円です。
それぞれ80g、70gというのが目立ちます。

ハングは体重もそんなに重くないのに1日4袋くらいほしがるので、しょっちゅう、買い物に行かなくてはなりません。
その次いでに他ものも買い物して帰ることになります。

裏の、説明ですが、左側は水分88%以下、右側は82%以下。カロリーはそれぞれ41kcalと、56kcalです。
普通はなかなかここまでチェックする客は少ないでしょう。 表面の、80gで税抜き58円、70gで税抜き55円の比較を一番重視するでしょう。

あとは、ネコの食いつきと、洗ってゴミ出しする場合の手間ですね。これはどちらも左側の製品の方が優れています。
前者の場合は、右側の製品では、栄養の実質が詳しい目に説明されていますが、打ちのネコの場合、ニオイのせいか、左側に惹かれるようです。
後者の方でいうと、水分が多い分だけ、つるっと、お皿に空けることができ、手間が簡単です。

なかなか虚々実々の駆け引きですね。大手のスーパーの戦略はさすが、なかなかしたたかです。

忘れていましたが、大手水産会社の製品である黒缶の缶詰160gは(2枚目の写真)全国チェーンの大手スーパーでは税抜き228円のところ、地元資本のスーパーでは税抜き198円で売られています。地元スーパーも十分戦略を考えられているようです。

余談ながら、寒い日はネコたちは確実にエサを沢山ほしがります。体温維持のための燃料なんですね。今冬は寒かったのではっきり認識できました。

閲覧数 319 コメント 0
コメントを見る・投稿する
この記事のURL: http://ubekuru.com/blog_view.php?id=4838

◆ 現在、コメントはありません。

この記事へコメントを投稿します。

名前

コメント ※必須

画像認証 ※必須

画像に表示されている数字を、左から順に下に入力してください。

(上に表示されている数字を左から順に入力してください。)



ページの先頭へ